2018年1月30日火曜日

【Domei's Voice】Vol.2 デザイナーが語る、機能をプラスした白い森の照明”Paper-Foresti(ペーパーフォレスティ)”ストーリー

DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei's Voice」
第二回目は、白い葉っぱの照明「Paper-Foresti(ペーパーフォレスティ)」です。前回登場したForestiと同じデザインになりますが、機能をプラス。こちらの照明について語ってもらいましょう!



空気をきれいにするエアクリーンペーパーを採用

前回のブログで紹介したForestiなどの森や葉っぱのデザイン第2弾で、Paper-Forestiは「白い森をインテリアの中に取り入れる」という意味を含めた商品名です。(商品名のForestiは、Forest(森)とinterior(インテリア)をくっつけた造語)
光合成がコンセプトになっています。





Paper-Forestiで使用している特殊な紙(エアクリーンペーパー)は「Made in Japan」の発案で、光触媒の機能が備わっています。それにより空気を清浄化してくれるのです。

この紙は元々アレルギー対策として、壁紙を貼るボンドから放出されたホルムアルデヒド対策の為につくられました。




植物の葉が「光合成」により二酸化炭素を吸って酸素をつくるように、葉の形にデザインしたエアクリーンペーパーが「光触媒」により空気をきれいにしてくれるのです。自然界と同じような仕組みですね。

Paper-Forestiには電球型蛍光灯を使用しています。
室内に射しこむ太陽からの光(紫外線)でも清浄化作用は微力にありますが、更に蛍光灯からの紫外線を入れる事でより強く作用してくれるからです。



葉っぱの部分は紙製で、ワイヤーでつながっているので自由に形を作る事ができます。自然界の葉と枝の形を想像して楽しんで触り曲げて下さいね~!

by Domei


今回紹介した照明:
Paper-Foresti pendant lamp

2018年1月12日金曜日

2018年1月のメディア情報(ドラマ)

2018年1月から放送スタートのテレビドラマに、ディクラッセの照明を美術提供しています。
ぜひご覧ください。

■□ 電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018 □■
テレビ東京 1月13日 土曜日 深夜24:20 放送スタート!
野村周平さん演じるごく普通の高校生・弄内翔は、親の離婚を機に、絵本作家の叔父の空き家で一人暮らしを始める。学校生活の複雑な恋模様にモヤモヤしていた夜、突然クローゼットの中から物音が聞こえ、扉を開けると1本のビデオテープと故障したビデオデッキが。デッキを直して再生すると、天野アイ(西野七瀬さん)と名乗る女の子の映像が流れ、画面から中からアイが飛び出してくる。翔とビデオガール・アイの3ヶ月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる。
※主人公の家のリビングや寝室のセットなどに使用される予定です


■□ 隣の家族は青く見える □■
フジテレビ 1月18日 木曜日 夜10 放送スタート!
主人公・五十嵐夫妻は、さまざまな家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅"コーポラティブハウス"を購入。住人同士はいやが応でも密接な関係を築くことになり、各家族の抱える悩みや秘密が徐々に暴かれていく。共同空間を共にし"隣の芝生は青く見える"状態の中で、奈々(深田恭子さん)は夫の大器(松山ケンイチさん)とともに、個性的な隣人たちやお互いの家族が起こす大騒動に巻き込まれていく。
※コーポラティブハウスの部屋のセットなどに使用される予定です


◆一部商品は都合により使用されない場合がございます◆
◆放送時間は変更になる場合がございます◆

2017年12月28日木曜日

湖畔の家をイメージした「フィンランドキッチン タロ」で北欧料理を ~照明:ムーミンハウス テーブルランプ~

こんにちは。広報部のMです。ある日SNSを見ていたら、北欧の温かみのある素敵なレストラン内に弊社ディクラッセのテーブルランプを見つけました。これは早速行ってみないとという事で、六本木ヒルズの一角に期間限定でオープンしている「フィンランド」をテーマにしたレストランに伺いました!





2017
年、フィンランドは
独立100周年という事で注目を集めましたが、皆さんフィンランドといって思い浮かべるものは「ムーミン」じゃないでしょうか?

その、世界で人気者のムーミンとコラボした照明「ムーミンハウス テーブルランプ」が店内で点灯されています😃



ムーミンの家をモチーフにしたテーブルランプ「ムーミンハウス」
灯りを点けると、にぎやかなムーミン一家の楽しげな声が聞こえてきそうじゃないですか?お店に来たお客さんも写真に撮ってくださっているとか。(店長さん談)



こちらのランプを店内で使用してくださっているお店をさっそくご紹介させていただきたいと思います!



レストランの名前は「フィンランドキッチン タロ」。店名の「タロ」は、フィンランド語で「家」という意味だそうです。フィンランドの湖畔の家をイメージしているのだとか。




北欧インテリア好きなら店内に置いてある小物や家具にもテンションが上がるはず!雑貨やファブリックなどの装飾の一部は、オープンする際に現地から直接買い付けてきたそうです。
間接照明も美しく、ゆったりとした時間が過ごせます。



スツールに貼られたファブリックはフィンランドのデザイナーJohanna Gullichsen(ヨハンナ・グリクセン)のもの。





フィンランドキッチン タロでは、フィンランド大使館の料理長ELENA ADA(エレナ・アダ)さん監修によるメニューや、北欧の食材を使ったオリジナル料理が味わえます。

この日は店長さんのおすすめをいただきました。
ミートボール 1600円 ミートボールには北欧ならではの甘酸っぱいリンゴンベリージャムが添えられています😊



こちらのフィンランドビール(KARHU)もおすすめとの事。グラスが可愛い!そして飲みやすいけどしっかりとした味わいがあります。ビールとミートボールの組み合わせ、最強です。



ロバーツコーヒーを注文すると好きなマグカップを選んで飲めるんです。どれにするかワクワクしますね~。

居心地のよい空間で1人でゆったり過ごしたり、お友達や女子会で美味しい料理とお酒でわいわいするのもおすすめですよ。

当初2018年1月までの期間限定予定でしたが、好評につき1年延長が決まったとのこと。この機会にぜひ北欧空間と料理を味わいに行ってみてはいかがでしょうか。

店長さん美味しい料理と時間と空間をありがとうございました!


<フィンランドキッチン タロ>
東京都港区六本木6-4-1  六本木ヒルズ メトロハット/ハリウッドプラザ B2F (地下鉄六本木駅徒歩5分)
営業時間:11:00 - 23:00 /ラストオーダー 22:00 年中無休
電話:03-3478-1917

実は「フィンランドキッチン タロ」は「ムーミンカフェ」や「ムーミンショップ」でおなじみの会社(ベネリック())が運営。ムーミンショップにはDI CLASSEデザインの「スナフキンのわすれもの」などの照明の取扱もありますので、お近くの際にはこちらもぜひご覧くださいね。



ムーミンは北欧フィンランドを代表する作品・キャラクターとして、世界に広く知られています。 ファンタジーながらもどこか現実的で、世の中の不条理や風刺も含まれるなど、奥深いストーリーは子どもから大人まで愛されています。 ディクラッセとのコラボでは、北欧テイストのミニマルなデザインで、大人も欲しくなるファンタジーを取り入れたアイテムをつくりました。

2017年11月29日水曜日

【Domei's Voice】Vol.1 デザイナーが語る、葉の影をデザインした”Foresti(フォレスティ)”誕生秘話

DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei's Voice」始まります!
第一回目は、DI CLASSEのアイコン的存在の「Foresti(フォレスティ)」です。もしかしたらドラマやお店でご覧いただいている方もいらっしゃるかと思います。森を想像させるこの照明、どうやって誕生したの?それでは語ってもらいましょう!


「木漏れ日」をデザインした照明

「Foresti」と言う名前は「forest(森)」と「interior(インテリア)」を合わせた造語です。Foresyという「森のような」を意味する単語がありますが、語尾の" y "をインテリアの" i "に変えて、「森をインテリアの中に取り入れる」という意味を込めました。

そしてこのランプは、初めて私が「影」をデザインした照明器具です。木漏れ日と言う発想の照明器具は世の中になく、葉っぱの影をデザインすると言う新たな挑戦をしました。それは大変時間のかかったものでした。

イミテーションの葉っぱを吊り下げてサンプルを何度も作りあげていったのですが、初期の試作品ではまるでお化け屋敷のような形状になっちゃいました、笑。


お化け屋敷!?

試行錯誤は1年かかり、確か夏の暑い東京の35度の気温だったと思います。点灯すると、一瞬涼しさを感じました。社員にも実験に参加してもらいました、同じように一瞬涼しさを感じたそうです、(言わせただろう~)笑。


こちらが完成系!

脳が記憶する20万年前からの「癒し」

確かグリーンを見ると人間誰しも癒されると聞きました。もう少し脳科学を勉強してみようと努力していくと、脳内の過去の記憶データが、感じる」と言う感覚のスイッチを押してくれるそうです。

頭脳はあまり進化しない代わりに20万年前の記憶は引き継がれていて、例えばこんな話があります。古代人間は蛇に襲われて命を落とし、蛇をとても恐れていました。その過去の経験が引き継がれ、蛇を見た瞬間に「蛇は人間には危険」という記憶データが残っていて、勝手に脳が「蛇が怖い!」という感情の信号として発信しているからだそうです。(だから危険を察知してすぐに逃げられるんですね!)


「木漏れ日」をデザイン
これと同じ事で、「木漏れ日」は、古代に人間が太陽光を遮る為に木の下に入る事で癒やされたり、涼しさを感じていた事を20万年前から脳は記憶していたのでしょう。
それが、一瞬涼しさを感じた原因なのだと思います。

自然を突き詰めてデザインしていくと、様々な事が見えてきます。
今も森羅万象の自然界から新しく発想したデザインを研究しています。枝のデザインや、雲のデザインを研究中ですので、またご紹介致します。






Parisメゾンエオブジェでの「マリクレールカフェ」から依頼され展示したForestiシリーズ

追伸:Parisのメゾン  オブジェという展示会に2007に出展した時のお話ですが、Parisのバイヤーから、「イミテーションの葉っぱは嫌いなのよ~」と唐突に毛嫌いされた事があったんです。
私が、「これは葉っぱの影をデザインしました」と説明したところ、壁に映った木漏れ日のような葉の影を見て驚いたように口を開き「素晴らしい!確かに影をデザインする照明ってないわね~!普通は形をデザインしているけど、影をデザインしてるデザイナーはあなただけよ~‼️あなたは素晴らしい!」という言葉を戴き、購入してくださいました。笑!とても、よい勉強をしました。by Domei

2017年11月13日月曜日

王様のブランチでディクラッセの直営店が紹介されます!




今週11/18(土)放送のTBSテレビ「王様のブランチ(TBSテレビ)」の「買い物の達人」のコーナーで、ディクラッセの直営店lux di classe (ルクス ディクラッセ)が紹介されます!先日の撮影では、ゲストのかたが実際に来店されて、ディクラッセの照明を案内させていただきました。王様のブランチ公式ホームページには、当店で撮影されたゲストのかたの写真もアップされています。実際にお買い物された商品は、当日の放送をご覧ください。
※番組の都合上、放送日や内容が変更になる可能性もございます

◆王様のブランチ 公式WEBサイト◆

◆lux di classe 公式WEBサイト◆
ルクスディクラッセは放送日当日の11/18(土)は、11時~19時まで営業いたします
※日曜・月曜・祝日は定休日です

2017年11月6日月曜日

展示会のご案内


11月は2つの展示会に出展・開催いたします。皆様のお越しを、心よりお待ちしております。


*-* Japan Home & Building Show 2017 *-*

11/15(水)~17(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます「ジャパン ホーム&ビルディング ショー 2017」に出展いたします。この展示会では、大理石やベネチアンガラスなどの高級マテリアルを使用した、コントラクト向けの照明を多く展示いたします。

会期:2017年11月15日(水)~11月17日(金)
時間:10時~17時
会場:東京ビッグサイト(国際展示場) 東2ホール 2-R03
◆ ジャパンホーム&ビルディングショー2017 公式WEBサイト
http://www.jma.or.jp/homeshow/


*-* Private exhibition - 自社展示会 *-*

DI CLASSEショールーム「lux di classe」にて自社展示会を、11/21(火)~22(水)の2日間開催いたします。今回はcatalog vol.22に掲載されている新商品をはじめ、全商品をご覧いただける展示会となっております。 また、当日はささやかな軽食とお飲み物をご用意しております。ディクラッセのデザインをより深く知っていただく良い機会でございます。

会期:2017年11月21日(火)~11月22日(水)
時間:11時~19時
会場:ライティングギャラリー&ショップ ルクス ディクラッセ
   台東区入谷1-10-11 ※地図はこちら
◆ lux di classe WEBサイト
http://www.di-classe.com/lux/

2017年10月19日木曜日

大阪で「照明デザイン発想法と明かりの基礎セミナー」が開催されました!

こんにちは。スタッフのMです。
先週10月15日まで大阪の御堂筋を中心としたエリアで開催された家具、インテリアの祭典「まちデコールOSAKA」でのイベントで、弊社DI CLASSE代表兼デザイナー、遠藤社長のトークセミナーが開催されました!


 場所はDI CLASSEの大阪ショールームがある「e-co-llabo∞ エコラボ インフィニティ」です。 17名の方がセミナーに参加してくださいました!

セミナー時間より早く来てくださった方は店内をじっくりご覧になりながら他のお客様や社長、営業スタッフと雑談タイム。なごやかな雰囲気でスタートです。 


セミナー内容は、ディクラッセの照明を企画、デザインして実際に商品化するまでのストーリーや、明かりが人にもたらす影響などを1時間少々。

例えばForestiペンダントランプも実は構想から実際に商品化するまでに約1年。
眺めていると癒しとなる葉の影が壁に映るよう、また見た目のデザインにもこだわり何度もプロトタイプを作り試行錯誤を繰り返した照明です。
これらを実際の製作過程の写真をご覧いただきながら説明しました。


また、ディクラッセが「家でくつろげる」オレンジ色の電球色にこだわる理由ついて、青白い光の色と比較しながら解説。 来場者の皆さん真剣に耳を傾けメモを取っている方もいらっしゃいました。

照明1つでお部屋の雰囲気はもちろん、心が穏やかになりリラックスできたり仕事モードになったり、人に深く影響をもたらすもの。実は快適な生活をおくるためには重要なアイテムなんです。


 セミナーの後は隣のスペースに移動して、いつも満席のイタリア料理店が作るブルスケッタ、プチケーキを食べながら質問タイムを兼ねた交流会。


参加者の皆さんから質問も相次ぎ盛況の内に終了いたしました。


実は今回のセミナーには、Forestiペンダントランプに感動して気に入ってくださり、Forestiが似合う美容室を作ったというオーナーさんがわざわざ京都舞鶴市からお越しくださっていました。


その美容室とは「K-style」さん。
なんと!「このグリーンシャンデリアにあう美容室を設計して下さい」とForesti ペンダントランプを主役に建ててもらうよう、設計を担当したスーパー建築士に依頼されていたそうです!

「デザイナー冥利に尽きます。嬉しい限りです!! 」と社長(兼デザイナー)遠藤も大感激!
そのForestiが美容室に納品された時のお話しや、今回のトークセミナーの事をブログに綴ってくださっていました。

また、K-style美容室内はForesti以外にもPaper-foresti, Auro-woodなど、様々なディクラッセ照明を使用してくださり、まるでディクラッセの京都ショールームと言っても過言ではないのでは!?本当にありがとうございます♪
Forestiペンダントランプ。K-style美容室の壁に影もきれいに映し出されています😍
こちらはAuro-woodペンダンランプ。半個室で使ってくださっています。

調光にもこだわって季節に応じて明るさをかえていくそうで、ゆったりした明かりの中でリラックスしながら髪をきってもらえるんだろうなぁ~と想像。オーナーさんもおだやかな方でとても気分良く美容室での時間を過ごせそうですね😊行ってみたくなりました!


こちらは大阪エコラボの地下1Fショールーム
さて、話は戻りまして、今回トークセミナーを行った大阪の「エコラボ インフィニティ」内には、実はlighting galleryと称したショールーム空間が地下1Fにあります。
Mini-forestiペンダントランプから木漏れ日のような光と葉の影が映り、遠藤社長もお気に入り。

エコラボインフィニティに行く際には、ぜひ地下の照明ギャラリースペースもご覧くださいね。 
ご来場の皆さま、雨で足元が悪い中お越しくださり本当にありがとうございました! 次回は東京の弊社ショップ&ショールームlux di classe(ルクスディクラッセ)で開催する予定です!


<e-co-llabo ∞ エコラボ インフィニティ>
  • 店舗住所:〒550-0003 大阪府大阪市西区京町堀1-3-13 辰巳ビル1階
  • 電話番号06-6444-4545(直通:090-3860-6095
  • 営業時間:月〜金:10:00〜19:00(土日祝日定休)
  • 最寄り駅:「本町」25番出口から徒歩5分/「淀屋橋」13番出口から徒歩7分/「肥後橋」6番出口から徒歩5分