2019年6月7日金曜日

ブログの引っ越しをしました

こちらのDI CLASSE BLOGは、新しいサイトに引越しをして、「あかりと暮らす~DI CLSSSEプレス~」に生まれ変わりました!
新しいWEBサイトでは、現在掲載しているDomei's Voiceやショップ紹介だけでなく、照明選びのポイントや、日々の暮らしのアクセントになるようなちょっとしたアイデアなど、様々なコンテンツを紹介していく予定ですので、今後もぜひご覧いただけると嬉しいです。


新ブログ「あかりと暮らす~DI CLSSSEプレス~」URL→ https://press.di-classe.com/

新しいブログあかりと暮らす~DICLASSEプレス~

2019年5月31日金曜日

生パスタと自然派ワインで美味しく気軽に乾杯!「ポポラマーマ_バル御徒町店」~照明:Mini-foresti ペンダントランプ、Whitneyペンダントランプ~



こんにちは。ディクラッセ広報部のMです。

とある友人から、Mちゃんの会社の照明があったよ~と写真が送られてきたのですが、なんと個人的にとても行ってみたかったお店のポポラマーマ_バル御徒町店ではないですか!!当時最速で行ってきました。それ以来何度も通っています。



「ポポラマーマ」は生パスタが食べられるお店として全国展開しているのでご存じの方も多いと思います。
パスタ本来のデュラム小麦セモリナ粉を使用して製法にもこだわりモチモチっとした生パスタの食感と風味が楽しめます。

そして美味しいお酒全般好きなMが気になっていた
「ポポラマーマ_バル御徒町店」はなんと、食事とともに個性豊かな自然派ワインまで味わえてしまうスペシャルな店舗なんです!




花畑牧場とコラボした「十勝産まるごとブラータの本格ミートソース」\1,290+税【期間限定】
ハウスワイン 350円  ナチュラルワイン 450円から

しかもポポラマーマ価格なので、食事も自然派ワインもとってもリーズナブル!これ、頻繁に利用したい人にとって本当にありがたいんです。



赤と木の色を基調とした店内には、Mini-foresti(ミニフォレスティ)
ペンダントランプが3灯。小さな森の空間がそこに。吊るし方にセンスを感じます。



ワインバーのコーナーにはWhitney(ホイットニー) ペンダントランプが3灯。


ワインバーは7種類の赤・白ワインが90分飲み放題で、なんと1,000円!


そして、御徒町店の特徴として他店よりワインに合わせるお肉やチーズなどアラカルトもそろっています。

なんといっても自然派ワインがとってもリーズナブルにグラスで楽しめる幸せが♪ 

なかなかこういうお財布にもやさしく気軽に楽しめるってお店、ないんですよね。



タコのマリネ 330円 季節野菜の自家製ピクルス 350
ワイン:スリーツリーズ 450



アンガス牛のステーキ 1,200



ルーシーマルゴー ガメイ 800



クラフトビールも飲めるんです。Far Yeast 東京ホワイト ウィートセゾン600

自然派ワインはボトルでも楽しめます。
専用冷蔵庫から自分でチョイスしてテーブルへ。店員さんにお声掛けして開けてもらいます。
もちろんボトルもリーズナブル。しかも、全部飲みきれなくても、ワイン用袋に入れてもらえて持ち帰れるんです!
至れり尽くせり。



特に気軽に自然派ワインとお食事を楽しみたい方に本気のおすすめです!




マネージャー 黒崎亮輔さん

ワインソムリエの資格を持つ黒崎さん。食事と自然派ワインが気軽に味わえるお店として、たくさんの人に楽しんでもらいたいという思いから「ポポラマーマ_バル御徒町店」をプロデュース。






お店に行ったら、ちらっと照明にも注目してみてくださいね。


<ポポラマーマ_バル御徒町店>
110-0005
東京都台東区上野3-27-3
ハトヤビル3号館2階(JR御徒町駅南口徒歩1分)
営業時間:110023:00 /ラストオーダー22:00 年中無休
電話番号:03-6803-0204

2019年3月1日金曜日

「ぶらり途中下車の旅」で、直営店lux di classe (ルクス ディクラッセ)が紹介されます。

【テレビ番組で紹介されます】



3月2日(土)放送「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ)で、直営店lux di classe (ルクス ディクラッセ)が紹介されます。
旅人が東京近郊の電車1路線をぶらりと気ままに途中下車しながら、周辺のお店や人・見所など、街の魅力を紹介する番組です。
JR高崎線の回では、旅人の舞の海さんが当店にお越しくださり、お部屋でくつろげるオレンジ色の灯りについて、当店の照明を使ってご紹介させていただきました。 機会がございましたら、ぜひご覧ください。
「ぶらり途中下車の旅」放送時間:2019年3月2日(土) 朝9:25~10:30 ※一部地域を除きます
番組ホームページ http://www.ntv.co.jp/burari/

2018年6月22日金曜日

【Domei's Voice】Vol.6 デザイナーが語る。スプーンとフォークの影で キッチンにも遊び心を"Gita(ジータ)"ストーリー


DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei's Voice
6回目は、木のスプーンとフォークがシェードになった照明「Gita(ジータ)」です。壁にもスプーンとフォークの影が映し出されます。それでは語ってもらいましょう!





スプーンとフォークの影でキッチンを楽しく


東京でのインテリアの展示会に出展した際、お昼にお弁当を買った時に付いていた木製のスプーンとフォークを見てひらめいたのがこのランプです。
点灯したら、壁に大きなスプーンとフォークの影を写し出すのではないかと想像しました。



以前フランスの田舎町に住む知人を訪れた時に、マドラーや食器、キッチンツールをあえて収納せずにセンス良く見せて飾ってあったのを思い出して、日本の住空間ではキッチンスペースでワクワクするような楽しさを実感出来ていない事に気付きました。

「ワクワクする楽しいキッチン」を照明の影で表現したら、奥様も楽しく料理や食事が出来るのではないかと考えました。影でワクワク感が出るので明るい壁紙を貼らなくてもいいかも、と。


フランスの展示会ではカラフルにカスタマイズ



<パリ、メゾン・エ・オブジェ展示会>


DI CLASSE直営店のlux di classe(ルクス ディクラッセ)の展示イベントや、パリで開催されるメゾン・エ・オブジェ展示会ではペイントしたカラフルなスプーンとフォークを吊るした「Gita(ジータ)」カスタムバージョンを飾りました。
親子でペイントしたり、DIYでこんな楽しみ方もできる照明なのです。




天然の木を使ったスプーンとフォークの照明は、キッチンはもちろん、リビングダイニングや子供部屋にもおすすめなデザインです。

次は、もっとワクワクする物を「影」にしますね~。
by Domei

今回紹介した照明:
Gita pendant lamp

2018年4月17日火曜日

【Domei's Voice】Vol.5 デザイナーが語る、枝がモチーフの影絵のような明かり"Rami(ラミ)"ストーリー

DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei's Voice」
第5回目は、「枝」の影をデザインした照明「Rami(ラミ)」です。壁には森を想像させる影絵のような光と影が映し出されます。それでは語ってもらいましょう!


森羅万象、日本の文化をデザインに


森羅万象という考え方は日本独自の発想で、英語に訳し説明するとNature”との表現しか見当たらないのが現実です。
人間は自然界の一部であって中心ではない、自然に恩恵を受けている。なので、大切に使わせて戴く。日本の文化である考え方をデザインで表現できたら素晴らしいと思っています。

“Nature di classe”をブランドにしたのはそういう意味で、葉っぱや木漏れ日のデザイン、雲のデザイン、オーロラをデザインしてきました。
そして次のモチーフに選んだのは「枝」で、このRami(ラミ)という商品です。




枝の「影」をデザインする照明


パリロンドンなど、展示会で訪れた際に必ずあるものの写真を撮っています。それは「木の影」で、そこに美しさを感じるからです。木の影のシルエットには葉っぱと枝の形がみえるので、今回は枝に注目しました。
(葉っぱの影をデザインした照明“Foresti シリーズ”に関してのブログはこちらをご覧ください)






枝をモチーフにしたデザインでは、枝の影に美しさを感じられるようにしながら、モダンな部屋にも取り入れやすい白を基調としました。
点灯すると影絵のような枝が壁に映しだされます。映画のスクリーンのように横長の長方形に映し出すために、シェード上部や電球にもこだわりました。電球は下部がシルバーに塗装されているシルバーボール球を使用しています。



immケルン国際家具見本市に出展


パリやロンドンで考えた商品Ramiを、今年(2018年)1月にドイツーケルンimmに出展したのですが、そこでの出来事である個人の女性が、「この商品を愛してしまったので、どうしても売って欲しい!」と何度も何度も来てくれました。笑 デザイナーとしてなんとも嬉しいエピソードです。





今期新たにRamiの新シリーズを発表する予定です。大人のファンタジーを加えたデザイン。その時にまたご紹介させていただきたいと思います。

by Domei


今回紹介した照明:
Rami pendant lamp

2018年4月3日火曜日

【Domei's Voice】Vol.4 デザイナーが語る、幻想的なオーロラをデザインした”Auro(アウロ)"ストーリー

DI CLASSE(ディクラッセ)社長兼デザイナーの【Domei】が、デザインした照明1つ1つの誕生秘話やストーリーを語る「Domei's Voice
第4回目は、幻想的に夜空を彷徨うオーロラをデザインしたAuroアウロ)」です。誕生以来15年以上ロングセラーとなっている照明について、語ってもらいましょう! 



透明感のあるオーロラをデザイン


夜空に突然現れる美しいオーロラ。そのモチーフが浮かんだのは、月を見ながらデザインを考えていた時でした。日本でもしオーロラを間近に見られるとしたら、こんな形ではないかと空想してデザインしました。




端材を出さないデザイン作り


Auro(アウロ)はシートに丸棒を通した串刺し構造になっていますが、意外にもこの構造の照明は当時珍しかったのです。ポリプロピレンの既成板を斜め半分にカットする事で、端材を出さずに完成させたエコロジーな手法。日本人のもったいないという表現方法と物を捨てないという文化を表してみました。そう!「地球に優しく」という発想です。

メーカーは、デザインを追求した結果出た端材を当時は良しとしてきました。私は端材から産み出すデザインがあっても良いのではと考えていました。

沢山のメーカーが新商品を開発し、山ほど端材を残す事で一体地球はどうなるんだ~って考えてましたよ。
Made in Japanにこだわり、完成までに1年間の月日がかかった商品です。
Good Design賞を戴いたのは、10年くらい後の事でした。



自然をモチーフにしたNature di classe誕生のきっかけ


ところで、ディクラッセには3つのデザインテイストがあります。
Nature di classe・・・自然をモチーフとした「ネイチャー」
Barocco di classe・・・ヴィンテージ調を楽しむ「バロッコ」
Noble di classe・・・シンプルスタイルの「ノーブル」

そしてこのAuro(アウロ)のデザインがNature di classeのブランドを作るきっかけになったのかもしれません。


光のシャンデリア「Auro mirror」


今年2月にAuroシリーズの新商品を発表しました。Auro mirror(アウロミラー)は、光の反射を応用したシャンデリアを実現。ハーフミラーのシェードを使用する事により光がやわらかく乱反射、拡散します。



電球はシェードの内側で点灯、光が広がるため直接目に入らずに「目にやさしい構造」となっています。
多灯付けする事によって生まれる幾重もの光のまたたきは、ペンダントランプではなく「シャンデリア」として完成するようにデザインしました。

現在ディクラッセの直営店lux di classe1Fでも展示していますので、ぜひご覧になってください。

by Domei


今回紹介した照明:
Auro
Auro Mirror

2018年3月8日木曜日

「モヤモヤさまぁ~ず2 入谷周辺」内でルクス ディクラッセが紹介されます!

2018年1月から放送スタートのテレビドラマに、ディクラッセの照明を美術提供しています。
ぜひご覧ください。

■□ モヤモヤさまぁ~ず2 入谷周辺 □■
テレビ東京 3月11日(日) 18:30 放送!
3月11日(日)18:30~放送のテレビ東京のバラエティー番組
「モヤモヤさまぁ~ず2 入谷周辺」内で 実店舗 ルクス ディクラッセ が紹介されます!

お時間がございましたら、ぜひご覧ください!
ルクス ディクラッセの詳細は こちら


■□ ホリデイラブ □■
テレビ朝日 金曜日 夜11:15 放送!
※ 3月9日放送の第9話の、主人公・杏寿が就職した大手ネイルサロンのセット美術提供しています


※ 主人公・秀作が好意を抱く女性警官・池江里子の部屋のセットに
美術提供しています (2月24日放送の第7話以降)


◆一部商品は都合により使用されない場合がございます◆
◆放送時間は変更になる場合がございます◆